リマダイルの効果は? | 犬の消炎鎮痛剤であるリマダイルについて正しく知って安全に使おう

リマダイルの効果は?

「リマダイルの効果は?」のイメージピクチャです。

リマダイルは動物病院でも実際に処方されており、関節炎に対して高い効果を発揮します。
ですが、ペットの薬といえばフィラリア予防薬やノミダニ駆除薬のほうが有名なので、リマダイルについてあまり知らない人も多いと思います。
いくら優秀な薬だといわれてもどのような成分が含まれており、どのように効果を発揮するのか知らないとどうしても不安になってしまいますよね。
リマダイルについて正しい知識を得るためにも、まずはリマダイルに含まれている成分と効果について知っておきましょう。

リマダイルに使われている有効成分はカルプロフェンという成分です。
カルプロフェンは炎症を促進する酵素の代謝を阻害することによって症状を緩和し、鎮痛効果や消炎効果を発揮してくれます。
胃腸や腎臓の正常な機能に必要となる酵素の効果には影響を与えず、副作用も少ないため休薬期間を設けずに長期投与ができるといわれています。
関節炎による痛みに対してとても効果的といえるのが、リマダイルという鎮痛消炎剤なのです。

ですが、リマダイルは副作用が少ないといわれているだけで、副作用が全くないわけではありません。
用法用量を守らずに使用したりしてしまうと、副作用が現れる可能性が高くなってしまいますし、効果が高まったりすることもありません。
せっかく副作用が少なく作られているのに、そうなってしまうと意味がないので、リマダイルを使うときは用法用量を守るように徹底しましょう。
正しい使い方をしてこそ、リマダイルの高い効果を得ることができるのです。